2015年6月24日水曜日

久々に “一人南関魂” in 帝王賞

最近忙しすぎ・・・

今夜も会議はありますが、
たまにはやりましょー!



「帝王賞」


実力は断然ホッコータルマエ、
まともに走ればあっさりのメンバー構成。

しかし、
先週のJRAにおけるユニコーンSで、
圧倒的1人気だったゴールデンバローズが失速したところを見ると、
素直にはとびつけない。
馬券から消えることも考慮したい。


そのホッコータルマエを物差しに考えると、
年末の東京大賞典、
年明けの川崎記念のGⅠを連覇した訳だが、
共に4着と善戦したのがハッピースプリントだ


今回のメンバーを見ると、
川崎記念は出走していないが、
東京大賞典では、
トーセンアレス6着、
ワンダーアキュート7着、
クリソライト8着と先着している
それでいて、
ワンダーアキュート、
クリソライトに人気を譲る形で現在5人気、
近走は2000m前後に良績があり、
前走のマイル戦は度外視して狙える手だ



逆転候補はクリノスターオー。
3走前ではホッコータルマエと僅差の勝負。
砂の深い大井は初となるが、
530キロをゆうに超える馬格と、
豪腕「岩田騎手」ならそこはカバーできよう


あとは前出のホッコータルマエが3番手、
馬券は馬連で3頭BOXが勝負。

3連単は3着にワンダー&クリソをマークして、
ハッピー&スターオー軸マルチでいく。

0 件のコメント:

コメントを投稿