2014年10月22日水曜日

菊花賞 “血統診断”

「菊花賞有力馬血統解析」

○ヴォルシェーブ 
 父系、母系ともに良績は中距離まで。母父はダート馬を輩出。産駒はリルダヴァル(芝1600~2000m)、ガンズオブナバロン(芝1800m、ダ1700m)とパンチ不足。



○ゴールドアクター
 父系は近親にステージチャンプがいるように古馬になってから成長。父も古馬でJCを制覇。母系に底力はないが距離はこなす。



○サウンズオブアース
 母父はデルタブルースを輩出しGⅠ2勝、昨年はレッドリヴェールがGⅠ勝ち。芝・ダートもこなす。父の産駒はデスペラードがステイヤーズSを制覇。切れ味がないだけに馬場が渋って台頭か。



○サトノアラジン
 全姉にエリザベス女王杯2着のラキシス、父の配合ではダービーを制覇したキズナがいるが、母父産駒は中距離まで。距離対応に一抹の不安あり。



○ショウナンラグーン
 父シンボリクリスエス、母母メジロドーベル、母父がマンハッタンカフェと血統だけなら超良血。青葉賞を勝っているように距離自体に問題はない。常に最速の上がりをマークしているだけに、良馬場で決め手勝負なら再浮上の可能性あり。



○タガノグランパ
 父はダービーを制したものの母系は中距離まで。距離延長にプラス材料はない。



○トゥザワールド
 全兄は重賞5勝のトゥザグローリー、母はエリザベス女王杯を制覇。母系も良血だが、産駒に長距離をこなす馬はなくパンチ不足は否めない。



○トーセンスターダム
 半弟に天皇賞秋を制したトーセンジョーダンなど重賞ウイナーが多い父系だが、母系は芝の長距離で勝利なし、距離延長は不安材料。



○トーセンジャッカル
 前走の神戸新聞杯は距離延長でメンバー最速の上がりで3着。しかし母父はパワーを要する条件で良績が多く、母産駒のトーホウアマポーラは重賞勝ちも短距離が主戦場。父スペシャルウーク+距離延長でどこまで。



○ハギノハイブリッド
 母父は凱旋門賞を制し、母系ではリンカーン、フォゲッタブル、デスペラード、アドマイヤモナークが重賞制覇。父産駒は長距離で実績がないが母系が優秀で一発の可能性を秘める。



○マイネルフロスト
 父はディープインパクトの全兄だが、産駒は対照的。母系にも目立った良績はない。早熟系が多く強調材料はない。



○ワールドインパクト
 母は短距離、父も長距離は不向きでベストは2000m前後。菊花賞は舞台ではない。



○ワンアンドオンリー
 母系には皐月賞を制したノーリーズンがいるが、短距離から中距離での好走が目立つ。父系がスタミナ豊富でダービーでは巻き返したが、本質的には長距離が鉄板というわけではない。


他5頭はどれが抽選を通っても血統的に警戒する馬は見当たらない。


以上から血統的に判断すると、



◎ゴールドアクター
○ハギノハイブリッド
▲ワンアンドオンリー


△サウンズオブアース(馬場悪化条件)
△ショウナンラグーン(良馬場条件)

0 件のコメント:

コメントを投稿