2013年12月22日日曜日

JRA最後のGⅠ有馬記念 “爆弾 ”予想~WIN5はオマケ

おはです

昨日は三男が風邪ひいたり、
急に買い物にいったり、
その途中で馬券買ったりと、
忙しくてブログupできませんでした

ちなみに、
馬券は2鞍購入して、
ともに撃沈



今日は午前中時間があるので、
仕切り直しです


あ、

ちなみに金曜日にNHKで放送されたNEWSにチラ映りしました w



さて、
いよいよ中央最後のG1有馬記念、


予想です!



“爆弾” in 有馬記念


オルフェーブルの引退レース、
単勝1倍台、
実力・実績から当然だろうが、
焦点は勝つか負けるか、
負かすとなればどの馬か、
これにつきる



まずはオルフェ自身だが、
凱旋門賞の疲れは全部は抜けていない
事実、
昨年は同ローテで2着、
勝ったジェンティルを褒めるべきだろうが、
やはり海外遠征は相当なダメージだ
ただ、
今年は正直、
同馬を脅かす馬が見当たらない

もし、
万があるとすれば、
後ろから差されるイメージが湧かないだけに、
あっと言わせるなら、
逃げ・先行馬の前残り

そして負けても「致し方ない」と納得できること、
すなわち同世代、
これしかあるまい

且つ、
中山コースを考えると、
断然内枠、



・ダノンバラード
・ヴェルデグリーン
・カレンミロティック
・ウインバリアシオン



脅かすのはこの4頭からいずれかだ





有馬記念は完全なるドリームレースであり、
格付けはGⅠだが、
クラシックレースなどの王道とは言えないレース、
何があっても・・・というよりも、
これまでの歴史から見ても何でもありのレースだ


しかし、
重要なファクターはローテ、


人気投票で招集されて、
前走勝った勢いできても勝てないレース、
秋以降3戦以上でここを迎えた馬はの成績は、
以外にもよくなく、
連対すらない

デスペラード、
タマモベストプレイ、
ルルーシュ、
アドマイヤラクティ、
トゥザグローリー、
トーセンジョーダン、


人気も含まれるが、
ここはバッサリいこう

さらに今年の3歳馬は今一つ、
4歳馬のラブイズブーシェもGⅢでも歯が立たないようでは・・・
中山巧者ナイトも近走からは狙いづらい

そして問題はゴールドシップ

宝塚記念までは同馬らしいパフォーマンスが見れたが、
休み明け2戦の内容はどうか?
特に前走はいくらなんでも負けすぎ?
それがヤネのせいと思ったのだろうか、
ウチパクから外人騎手へ、
これで修正できるほど競馬は甘くない
配当と夢も考慮して、
これもオミットする


◎カレンミロティック


前々で競馬してオルフェの差し脚をギリギリ封じ込めるのは、
同馬とみた
昨年はここをステップにオーシャンブルーが2着を確保、
主流なるべきローテとなろう
父ハーツクライは断然人気のディープインパクトに土をつけた馬、
大一番の同舞台で大物食いだ



○オルフェーブル


この馬については特にコメントはいらないだろう
普通に走れば勝機は十分だ




▲ヴェルデグリーン


勝つか負けるか両極端な馬だが、
中山ではパフォーマンスがかなり上がる
JCパスでここ一本にしたのは頷ける




☆ダノンバラード
△ウインバリアシオン



◎○▲BOX 3連単

◎+○→馬連、

◎⇔○▲☆△→3連単


内枠の馬券にかける








“WINなFive” ver.12.22



WIN1=タガノ・ゴールド・アイス・リボン
WIN2=ペアン・ダイバー
WIN3=ハコダテ・トミケン・ドラゴン
WIN4=ロッカ・サカジ
WIN5=カレン・オルフェ

合計96点



夕方に、

“重賞データ” up  します

http://kamatabara.blog38.fc2.com/




では、
今日も1日頑張りまっしょい!

0 件のコメント:

コメントを投稿