2013年2月24日日曜日

“WINなFive” +  “一撃” & “爆弾” ver.2.24

「WINなFive」






◆WIN1

・エアハリファ
・フレイムオブピース

◆WIN2

・カフェシュプリーム
・タマブラックホール

◆WIN3

・アロマティコ
・ダノンミル

◆WIN4

・サンカルロ
・ロードカナロア

◆WIN5

・トーセンレーヴ
・タッチミーノット


今回は硬い決着になるのではないでしょうかね?

32点で望みます















◆“一撃” in 阪急杯



実績ならダントツの◎ロードカナロア、
不安要素を探るならば、

・海外遠征明け、
・1400m初、

こんなもんだろう

マイルは1戦2着1回、
これからして1400mがどうかとかというレベルではなかろうが、
最後に差されるケースもゼロではない?
僅かな可能性も残されてるが、
馬券的には2着は外すまい



○サンカルロ


とにかく阪神・1400mという条件が「鬼」、
内枠をうまく捌けば逆転も可能だろう





▲エピセアローム


スプリント戦線に転身してから能力開花、
休み明けで全開ではないため3番手評価





☆フラガラッハ


近3走は二桁着順が続くが、
その前はOP、重賞をぶっこ抜いた逸材、
好条件で大駆け期待





△マジンプロスパー

復調途上模様、
抑え評価




あとは3連単のヒモ荒れ要員として、



△オリービン(阪神巧者)

△スギノエンデバー(ハマれば大波乱)















◆“爆弾” in 中山記念




いつになく混戦模様のメンバー構成、
今回は大波乱がありそうだ

ナカヤマナイトの実績は十分承知、
しかし、
大外枠もさることながら、
近2走の内容があまりにも?

3走前のオールカマーにしても、
負かしたのがダイワファルコン、
ダイワファルコンにしても、
ローカルGⅢ馬のイメージは払拭できない

ダノンバラードは前走快勝、
これにしても2着が長期休養明けのトランスワープ、
10歳馬シンゲンがコンマ8秒差の8着だったように、
こちらも・・・
さらにローテも多少きついだろう

穴人気になっているリアルインパクト、
適距離が定まらない使い方をされており、
このメンバーでGⅠ馬とはいえ芝2勝では太刀打ちできまい



以上から、


△ナカヤマナイト

△ダイワファルコン

△ダノンバラード


とした




◎トーセンレーヴ




何故か知らないが外国人騎手ばかりが騎乗する馬だが、
前走はアブミが外れて参考外、
貯めれば4走前のようにキレる脚があり、
騎乗2戦目のビュイックが決める





○タッチミーノット



この馬は晩成なのだろう、
2走前の毎日王冠がコンマ1秒差の3着、
前走が金杯が快勝、
この勢いは誰も止められないだろう






▲ルールプロスパー



障害帰りだが、
芝でもOP勝ちがあり、
1800mは{3.2.3.6}
ノーマークの大逃走劇に期待したい





☆シルポート

出方次第だが、
▲が番手になれば当然ハナを叩く
展開的には苦しいが、
楽にいければ逃げ残る可能性あり








△アンコイルド




さらに大駆けがあれば、



△トシザマキ


長期休養明けの叩き2戦目となるが、
脚部不安がなければ重賞戦線に居たはずだ
軽量を生かせれば大波乱演出となる

0 件のコメント:

コメントを投稿